Erioquest-blog

濱田征太郎
Ornithogalum Tortuosum DMC13646 オーニソガラム・トルツオスムの育て方

Ornithogalum Tortuosum DMC13646 オーニソガラム・トルツオスムの育て方

【概要】 オーニソガラム・トルツオスムは、オーニソガラムの中でも最小サイズのオーニソガラムで、チリチリに曲がった細い葉を出すのが特徴です。DMC13646は、葉のうねり具合が「強め」の系統になります。常緑で、一年中チリチリの葉っぱを楽しむことができます。 ============================== ■名前の由来: 属名の"Ornithogalum"はラテン語の"Ornitho(鳥の)"+"galum(ミルク)"という意味です。種小名の"Tortuosum"は"捻じれた"という意味で、葉っぱのねじれを表しています。■属:Ornithogalum■科:Hyacinthaceae / キジカクシ科 ■分布: ▽国:南アフリカ ▽地域: 西ケープラディスミス(Ladismith) ~ 東ケープ州クイーンエリザべス(Queen Elizabeth)■原生地の環境:標高800メートルまでの岩場や荒れ地、草原 ■花:その名の通り、鳥のミルク色の小さい花をつけます。またそのは何の形から別名「ベツレヘムの星」とも呼ばれます。 ■葉: 玉ねぎのような球根の頂点からチリチリで細い葉を出します。色は深い緑色です。■種: ■球根:球根の半分は地中に埋まっています。トルツオツムは最小サイズのオーニソガラムなので、球根幅は大きくても2cm程度にしかなりません。また成長と共に子株がたくさん増えます。===================================【栽培方法】成長速度はゆっくりです。■タイプ:冬型(環境下によっては常緑)▽成長期(秋冬):9~3月▽休眠期(春夏):4~8月▽耐暑性:40度▽耐寒性:-5度■管理方法 ▽成長期地下に球根あり、秋に葉が伸びてきたら水やりを開始します。日当たりと風通しの良い場所においてください。日光が不足すると徒長して葉がビロビロになってしまいます。西日や照り返しが強いと葉がやけるので注意が必要です。※冬は北風や霜にあてないように気をつけて下さい。▽休眠期水分を少な目の断水気味にしてかんります。球根が暑さで煮えてしまわないように風通しの良い日陰で管理します。■水秋口の涼しくなり始めたら少しずつ開始します。成長期には、土の表面が乾いたらたっぷりと上げるサイクルに移行します。■土水はけの良い土がおススメです。(例:賢者の土)■肥料マグアンプK などの暖効性肥料を少量、用土に混ぜるのがおススメです。 ■その他■参考文献:

Read more →


濱田征太郎
Drimiopsis sp. nov. ES16596 ドリミオプシスの育て方

Drimiopsis sp. nov. ES16596 ドリミオプシスの育て方

【概要】 ドリミオプシスは南アフリカ原産の夏型球根植物です。ストライプ柄の楕円形の葉で、葉の端はフリルのように波打った姿が特徴的です。成長速度は比較的早く、分球して増えるので花の時期にはまとまって咲いていると綺麗です。============================== ■名前の由来: ■属:Drimiopsis ■科:アスパラガス科、Scilloideae亜科■分布:南アフリカ サハラ以南 ■原生地の環境: ■花:時期:4月~5月色:ピンク ■葉:形:楕円形柄:ストライプ ■種: ■球根:===================================【栽培方法】▽成長期(春夏):4~8月▽休眠期(秋冬):9~3月▽耐暑性:40度▽耐寒性-5度 ■水▽成長期(春夏):4~8月葉っぱが出ている間は、土が乾いたらたっぷりお水をあげます。 ▽休眠期(秋冬):9~3月水分を少な目の断水気味にしてかんります。寒さで球根がダメにならないように気をつけてください。 ■土水はけの良い土がおススメです。(例:賢者の土) ■実生■その他■参考文献:

Read more →


濱田征太郎
Dioscorea elephantipes ディオスコ エレファンティぺス 亀甲竜 の育て方

Dioscorea elephantipes ディオスコ エレファンティぺス 亀甲竜 の育て方

【概要】 亀の甲羅のような見た目がカッコイイ、大人気コーデックス! 和名の「亀甲竜」とはその特徴をうまく捉えています。 Dioscorea elephantipesは、手入れをすれば約70年は生きると言われています。 歴史的な植物探検家であるウィリアム・フッカー卿は、野生のDioscorea elephantipesが高さ2.1mにまで成長するのを見たと報告している。 体重は365kgと推定されている。 この植物は単性で、雄雌があります。 ============================== ■名前の由来: 属名の”Dioscorea”は、古代ギリシャの直物・薬物学者であるペダニウス・ディオスコリデス(Pedanius Dioscorides)に由来します。種小名の"elephantipes"はラテン語で「象の足」という意味です。"elephantotis"(像)+"-pes"(足)樹皮の外皮が象のように見えることを意味する。 ■属:Dioscorea ■科:Dioscoreaceae ヤマイモ科 ■分布: 国:南アフリカ 地域:西ケープ州クランウィリアム(Clanwilliam) ~ 東ケープ州ウィロモーア(willomore) ■原生地の環境: 風化した岩場や、乾燥地域、砂利の坂や茂みの中等、広範囲に見ることができます ■花: (写真:https://www.monaconatureencyclopedia.com/dioscorea-elephantipes/?lang=en) 時期:5~6月 スイカの花のようなオレンジ色の花をつけます。 ■葉: 蔓性の葉で、冬~春の成長期にはどんどん伸びていきます。葉の形はかわいいハート形です。 ■種: 時期:9~10月 ■芋: 芋半分は地中に埋まっています。 現地では高さが最大3mになるものもあるようです。 =================================== 【栽培方法】 耐暑性:40度 耐寒性:-4度 ▽成長期:冬~春 葉っぱが出ている間は、土が乾いたらお水をたっぷりあげます。 冬場は、芋が凍ってしまわないように水分量に気を付けてください。 ▽休眠期:夏 この時期は水を断水気味にし、お水をあげすぎないように気を付けます。 ▽土 水はけの良い土がおススメです。 (例:賢者の土) ▽実生 種から実生が可能です。 春の4~5月もしくは、秋の9月~10月に種を撒きます。 深さ4~5cm程度に埋めます。発芽するまで土を乾かさないように保湿に気を付けてください。 腐葉性の堆肥を含むローム(細かい砂)を使用してください。 置き場所は日当たりの良い場所に移動します。 翌年の同じ時期には、プラスチック製の小さな鉢に植えられるくらいの強さになります。鉢は9cmを目安にしてください。 1年目の終わりには、コーデックス部分は約1cm程度に成長します。 ※挿し木はできません。 ▽受粉 この植物は単性で雄雌があります。 基本的に、受粉はミツバチやマルハナバチが行います。 ■その他 ▽用途 コイサン族は、デンプン質を含んだパンのような幹を焼いて食用にしていたと言われています。他のDioscorea属の植物は、コルチゾンや避妊薬の原料となるステリオダール・サポニンの抽出に使用される。南アフリカの種の多くは、実験目的で乱獲されている。 ■参考文献:http://pza.sanbi.org/dioscorea-elephantipes

Read more →


濱田征太郎
Albuca Concordiana アルブカコン コルディアナの育て方

Albuca Concordiana アルブカコン コルディアナの育て方

【概要】 冬型のアフリカ球根植物です。 コルク抜きのような形の葉が人気のアフリカ系クルクル植物です。 ============================== ■名前の由来: コンコルディアナの語源は南アフリカのコンコルディア(Concordia)である。 ■属:Albuca ■科:キジカクシ科 ■分布: ナミビア南部の大部分が、南アフリカの北西ケープからカルー、南東ケープに至る ■原生地の環境: アフリカ南西部の冬の降雨地域から来ており、高温で乾燥した条件の中、様々な種類の石の多い平地に生育しています。 ■葉: 長さ5~7,5cm、幅3~4mm、 青灰色、帯状、平たく、縦に細かく溝があり、つやがあり、べたつきはない。 葉は初冬に花の前に地面からコルクスクリュー状に出てきて、かなりドラマチックな形で蟠り、開花時にはしばしば枯れてしまいます。 ■花: 4月ごろ ■種: ■球根: =================================== 【栽培方法】 ▽成長期(冬) 時期:9~4月 耐寒性:-5度 葉は通常、日光に当てるとよりよくカールします。 冷たい乾燥した環境では葉先が丸くなり、暖かい環境では葉先がまっすぐに伸びて丸くならない傾向があります。 日当たり 直射日光の当たる場所を好むが、高温多湿で乾燥した場所では焦げてしまうので注意が必要。 冬の間は外に置いても大丈夫ですが、寒冷地では温室で保護してください。 ▽休眠期(夏) 時期:5~8月 休眠期間中はほぼ乾燥した状態に保つ必要があります。 風通しの良い日陰で【断水】で管理します。 もし葉がある場合、夏の暑い時期には、葉も植物もボロボロになってしまいますが、 球根がしっかりしている限り植物は健康なので、秋には新しい葉が出て見た目も良くなります。 ▽水 成長期には控えめに水をやり、少しの注意を払うことで、水に強い品種となります。 葉先のカールは気象条件に大きく左右されます。 涼しく乾燥した条件では葉先がカールし、暖かい条件では葉先が直立する傾向があります。 花が咲き始めたら、腐らないように水は控えましょう。 ▽土 水はけの良い土がおススメです。 (例:賢者の土) ■その他 ■参考文献:

Read more →