Erioquest-blog

サボテンハウスのこぼれ話

サボテンハウスのこぼれ話

編集スタッフ 伊達 こんにちは。今日はサボテンハウスについて生産担当のリョマ君に聞いた話を少し紹介します。 水が入って行かない粘土質の土に苦戦 普段エリオクエストでは水はけ重視の「賢者の土」を使って栽培しているのですが、サボテンハウスは元々田んぼだった場所に建っているため、土壌が粘土質でいつもの感覚でお水をい上げていても実はサボテンに水が行ってなかったそうです。 粘土質の土は固く水が浸透するまでに時間がかかり、一度上げても時間の間隔をあけて再度お水を上げる必要があり散水に時間がかかるようです。そんなガチガチの粘土にでも根っこを貼るサボテン台樹の力強さを実感していると言ってました。 ↓粘土質のハウスの土は真っ黒   大きくなったサボテンの台木 こちらは1月に植え付けたサボテンの台木です。 最初は上の写真のような大きさでしたが半年でこんなに大きくなりました。 この台樹にもサボテンを接いだり、台木を切って更に台木として使うことができるみたいです。リョマ君曰く、ケープバルブとの違いはサボテンは切ったり接いだりして合体させたりできるのが面白さの1つでもあるようです。 台木の管理には毎日の雑草抜きも重要なようです。雑草を抜いておかないと、雑草に栄養が取られたり地面を草が覆うことで地面の温度が上がらず生育に影響がでるようです。   弾ける種と運ぶ蟻 また、サボテン数が多い種の収穫が大変なようです。基本的には種が弾けそうなものを見つけるとティーバックのネットをかけるそうですが、中にはネットをかけれないものやタイミングによっては逃してしまうものもあるようです。特に先月の6月は毎日サボテンハウスに入る度に種ができていたそうで、ものよっては夜になるものもあり難しいものもあるようです。 ちなみに種が弾けてしまったら、まずどこに落ちたか探すのが大変で見つけても拾うときは棘の生えたサボテンの間に手をいれるので、棘が刺さることはよくあるそうです。かといって、落ちた種を放置しているとそこで発芽してしまったり、蟻が運んで行ってなくなってしまうそうです。  想像するとすこし可愛い気もしもますが。笑

サボテンハウスのこぼれ話

編集スタッフ 伊達 こんにちは。今日はサボテンハウスについて生産担当のリョマ君に聞いた話を少し紹介します。 水が入って行かない粘土質の土に苦戦 普段エリオクエストでは水はけ重視の「賢者の土」を使って栽培しているのですが、サボテンハウスは元々田んぼだった場所に建っているため、土壌が粘土質でいつもの感覚でお水をい上げていても実はサボテンに水が行ってなかったそうです。 粘土質の土は固く水が浸透するまでに時間がかかり、一度上げても時間の間隔をあけて再度お水を上げる必要があり散水に時間がかかるようです。そんなガチガチの粘土にでも根っこを貼るサボテン台樹の力強さを実感していると言ってました。 ↓粘土質のハウスの土は真っ黒   大きくなったサボテンの台木 こちらは1月に植え付けたサボテンの台木です。 最初は上の写真のような大きさでしたが半年でこんなに大きくなりました。 この台樹にもサボテンを接いだり、台木を切って更に台木として使うことができるみたいです。リョマ君曰く、ケープバルブとの違いはサボテンは切ったり接いだりして合体させたりできるのが面白さの1つでもあるようです。 台木の管理には毎日の雑草抜きも重要なようです。雑草を抜いておかないと、雑草に栄養が取られたり地面を草が覆うことで地面の温度が上がらず生育に影響がでるようです。   弾ける種と運ぶ蟻 また、サボテン数が多い種の収穫が大変なようです。基本的には種が弾けそうなものを見つけるとティーバックのネットをかけるそうですが、中にはネットをかけれないものやタイミングによっては逃してしまうものもあるようです。特に先月の6月は毎日サボテンハウスに入る度に種ができていたそうで、ものよっては夜になるものもあり難しいものもあるようです。 ちなみに種が弾けてしまったら、まずどこに落ちたか探すのが大変で見つけても拾うときは棘の生えたサボテンの間に手をいれるので、棘が刺さることはよくあるそうです。かといって、落ちた種を放置しているとそこで発芽してしまったり、蟻が運んで行ってなくなってしまうそうです。  想像するとすこし可愛い気もしもますが。笑

イポメア 不明種(Ipomoea sp )EQ546の育て方

イポメア 不明種(Ipomoea sp )EQ546の育て方

イポメア(Ipomoea)は、ヒルガオ科に属するつる植物の属です。世界中に約1,000種が分布し、日本には約20種が自生しています。

イポメア 不明種(Ipomoea sp )EQ546の育て方

イポメア(Ipomoea)は、ヒルガオ科に属するつる植物の属です。世界中に約1,000種が分布し、日本には約20種が自生しています。

シゾバシス・イントリカータ(Schizobasis intricata) IB11350の育て方

シゾバシス・イントリカータ(Schizobasis intricata) IB11350の育て方

ドリミア・イントリカータは、一般にシゾバシス・イントリカータと呼ばれていますボウイエア・ボルビリス(Bowiea volubilis)と近縁で、同じ地域に分布している。 D. intricataは、観葉植物として球根を部分的に露出させた多肉植物として栽培されることもあります。

シゾバシス・イントリカータ(Schizobasis intricata) IB11350の育て方

ドリミア・イントリカータは、一般にシゾバシス・イントリカータと呼ばれていますボウイエア・ボルビリス(Bowiea volubilis)と近縁で、同じ地域に分布している。 D. intricataは、観葉植物として球根を部分的に露出させた多肉植物として栽培されることもあります。

ブーファン・ディスティチャ Boophone disticha

ブーファン・ディスティチャ Boophone disticha

ブーファン・ディスティチャ(Boophone disticha)は、アマリリス科の草本で、多年生の球根植物です。この植物は南アフリカ全体に広く分布し、その独特な見た目と存在感から多肉植物愛好家の間で人気があります。

ブーファン・ディスティチャ Boophone disticha

ブーファン・ディスティチャ(Boophone disticha)は、アマリリス科の草本で、多年生の球根植物です。この植物は南アフリカ全体に広く分布し、その独特な見た目と存在感から多肉植物愛好家の間で人気があります。

小さなアロエみたいな原種形ハオルチア :Haworthia modesta

小さなアロエみたいな原種形ハオルチア :Haworthia modesta

Haworthia modestaは、南アフリカ原産の原種形のハオルチアです。多肉植物の多年草で、主に亜熱帯のバイオームで生育します。Modestaという名前は、ラテン語起源であり、「控えめな」や「偉大さを持たない」という意味を持ちます。

小さなアロエみたいな原種形ハオルチア :Haworthia modesta

Haworthia modestaは、南アフリカ原産の原種形のハオルチアです。多肉植物の多年草で、主に亜熱帯のバイオームで生育します。Modestaという名前は、ラテン語起源であり、「控えめな」や「偉大さを持たない」という意味を持ちます。

細いストライプ葉がかわいいレデボウリア

細いストライプ葉がかわいいレデボウリア

Ledebouria cooperiは、(旧名:Scilla adlamii)といい、夏型の南アフリカ球根植物であり、一般的にケープバルブと呼ばれています。この植物は南アフリカ東部の湿った草地に生育しています。その特徴として、光沢のある深緑色で細い剣のような形をした葉があります。葉の内側には茶色の縦ストライプが数本走っています。春には小さなベル型のピンクから紫色の花を咲かせます。成長すると高さは約15センチになり、分球によって増えることで小さなコロニーを形成することがあります。

細いストライプ葉がかわいいレデボウリア

Ledebouria cooperiは、(旧名:Scilla adlamii)といい、夏型の南アフリカ球根植物であり、一般的にケープバルブと呼ばれています。この植物は南アフリカ東部の湿った草地に生育しています。その特徴として、光沢のある深緑色で細い剣のような形をした葉があります。葉の内側には茶色の縦ストライプが数本走っています。春には小さなベル型のピンクから紫色の花を咲かせます。成長すると高さは約15センチになり、分球によって増えることで小さなコロニーを形成することがあります。